過敏性腸症候群ガス型の私が今の時期に揃えたいもの

日記

こんにちは!おかんです。

昼間はまだまだ暑い日が続きますが、すっかり秋めいてきましたね。

読書をしたり、家事をしたり、ぼーっとするのにも最適な季節となりました。

段々と気温が低くなり始めるこの時期、急に寒くなった感じる前に、過敏性腸症候群ガス型の私が揃えたいものについてまとめてみました。

IBSであろうと、なかろうと、この時期に揃えたいものに大差はないと思いますが、私個人の揃えたいものについて、よければ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

過敏性腸症候群ガス型の私がこの時期に揃えたいもの

体拭きシート

体拭きシートは私にとって携帯必須です。汗をかいてさっぱりしたいとき、心や体にだるさや疲れを感じているときなど、1枚使えば、身も心もすっきりします。

私は仕事の後や、図書館での読書で集中力がきれたとき、外出先で気持ちが落ち着かなかったり、気分を変えたくなったときに使用します。

今なら夏物商品はお買得で手に入るので、先日も買い足しをしました。

体拭きシートの他にも、ウェットティッシュや赤ちゃん用のおしり拭きなども使えますね。

ウェットティッシュは、アルコールが入るため消毒や除菌に。赤ちゃん用のおしり拭きは、多くの成分は水で作られており、安心して全身に使用できます。今ではトイレに流せるタイプも沢山出てますね。

私は一歳の子供がおり、赤ちゃん用のおしり拭きは普段から持ち歩いていますが、過敏性腸症候群により、排便後のケアが必要な方にも利用できますね。

外出時、ウォシュレットのないトイレを利用するときなど、役に立つと思います。

ハンドクリーム

アラフォーの私ですが、アラフォーと呼ばれる頃から水仕事での手指の肌荒れを起こしやすくなりました。

好みの香りのハンドクリームを携帯しており、外出前、仕事の前後、気持ちが落ち着かないとき、就寝前などに使います。

お腹にガスがたまりそう・・・

そんなときにも、好みの香りのハンドクリームで手をマッサージすることで、肩の力は抜けて、苛立つ気持ちや不安の気持ちは紛れてゆきます。

やっぱり、良い香りって癒されますよね。

私は先日、

お腹にガスがたまりそう・・・

と、思える前に、気分転換でハンドマッサージをしていたところ、日焼けした肌なのですが、手がきれいだねとゆっていただき、うれしかったです。

スキンケアは、目に見えて効果が出るのがうれしいですね。

また、手首までクリームを馴染ませながら、自分の脈拍を測ってみるのもよいかもしれません。

私は以前、ヨガを指導しており、開始前後の脈拍数を計測していました。自分の脈拍数を把握しておくことで、今はどれくらい緊張しているのか、また安心してリラックスしているのかを知ることができます。

一分丈スパッツ

寒さ対策だけでなく、消臭対策も兼ねて、私はスカートを着用しない日でも、日頃から一分丈スパッツを着用しています。

一分丈でなくとも、三分丈でもよいですね。

寒い冬の間は、十分丈(スパッツ)を着用しており、この1枚のスパッツから、私は温かさと安心感を得ています。

あめ玉

過敏性腸症候群ガス型の私は、疲労感を感じたときに甘いものが欲しくなるため、あめ玉を持ち歩いています。

仕事から戻る頃や、家事や子供のお世話で疲れたなと思ったとき、本を読んだり、考えごとをしてるときに欲しくなります。

これからの季節は、あめ玉だけでなく、キャラメルなども持ち歩きます。

コーヒー、フルーツ、紅茶風味のあめ玉などを買い揃え、体が欲しいなと思ったときに糖分を補給し、空腹感と気持ちを満たすことで、落ち着きを取り戻します。

これからの乾燥する季節に風邪予防にもあめ玉は効果的ですね。

好みのお茶など

緑茶は朝から、夜は紅茶やハーブティー、ミントティーのココアなど、そのときに飲みたいものをいただきます。

温かいお茶やコーヒーを飲むことが増えるため、(コーヒーはお腹と相談しながらです)頑張った1日のご褒美として、夜は一人での貴重なお茶タイムを過ごします。

週末は缶酎ハイやたまにワインなどいただきます。

炭酸飲料やアルコール、カフェインを多く含んだ飲み物は、過敏性腸症候群を悪化させるということで、避けるように勧められることがあるということですが、私にとっては避ける方のことがストレスに感じるため、お腹の調子や身体全体の調子をみて、摂るか、摂らないかを決めています。

過敏性腸症候群になったら、○○はやめましょう。

ということを守り、実践してゆくことで、過敏性腸症候群だからといって、出来ないこと、やれないことが増えてゆくことよりも、自分自身と相談をしながら、“過敏性腸症候群の私でも○○ができる”といった、できる喜びや小さな達成感を積み上げてゆくことの方が、私自身に合う考え方なのです。

過敏性腸症候群にも様々なタイプがありますし、自分自身の体調と相談の上、主治医の先生に意見を聞かれてみてもよいと思います。

整腸剤

私は現在、服用している薬はありませんが、自宅には整腸剤を二種類置いてます。

毎日使うこともなく、ここぞ!というときには、気休めや安心感を得るために飲んでいます。

季節の変わり目は体調も変わりやすいため、整腸剤はお守りとしても揃えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました