そしてIBS中学生へ

IBSの発症前のお話

ど~もこんにちは!おかんです!

今週の業務が終わり、心からほっとしたわぁ~と、思いたいところなんですが…

『なんなのですか!!おかんは怒っております!!!』

今週一週間は大変、職場で風当たりが強く感じられ、おかんは腹を立てております。

『IBS美人だからってなめんなよぉ~!!』

あ、おかんでした笑

と、本日もばばあの嫉妬を受け、上司のやさしさに癒されて、話を聞いてくれる同僚に安心させていただき、帰宅してまいりました。

『なんだって。美人はいつの世代も攻撃の的なのかしら・・・涙』

美人+IBS←おかん、今週はたくさんの障壁を感じました・・

ま、自分でいうのもなんだけど、つっこみどころ満載だかんね~

IBS美人おかんの日記にしよっかな~

さて、おかんです。

いやぁ~やってまいりましたぞ!!

おかんの最も振り返りたくない過去のころのことでございます。

もう、やめよっか。

いや、まてよ。最速で飛ばそうか。

もうどっちでもええやん。はよ終わらせよーお!

【そしてIBS中学生へ】なったころのおはなしでございます。

IBSの芽生えですね。

ibsおかん、初めて授業中におならが出たのが、中学二年生のときに2回あったことを覚えています。

それはたまたまというか、なんででたんかな?くらいのものでした。

そして、進級しての中学三年生。

クラス替えがあり、残り1年の中学校生活、進路を考えたり、高校受験もあり、さまざまな出来事に奮闘しておりました。

ちょうどそのころは、同じクラスで仲良くなった女の子から仲間外れを受けたり、男の子数人によるからかいを受けたり、そうしたものが重なり、おかんは大変心を痛めておりました。

『なんだ転校生だからってバカにしやがって!!!』

『おまえの方があたま悪いんじゃからな~っ!!』

と、今思いだしても怒り込み上げることのできるような、環境のなかにいましたね。

おかん、当時は真面目で頑張り屋で、優しくて、美人の非の打ち所がないような女の子でしたよ。

今では年相応の姿をしていますけどね!!!

友達となった女の子とは、クラス替えで席が前、後ろで仲が良くなり、おかんは毎日一緒に帰宅していましたよ。

おかんは、『自転車乗ってすぐにオンボロのうちに帰りたいなぁ~』と思っていても、

『ねぇ、私一人だからこっちから一緒に帰ろう!』と誘われると、新たな環境で友達のいないおかんは、『い~よ~お』と、喜んで周り道をして帰っていましたよ。

彼女との間に亀裂が入ったのは、成績のことでしたね・・・

クラスで何番目か、ということに彼女はいつもおかんの順位を調べ上げては、『また私負けたの?むっかつく~!』って言ってましたからね…

いやいやおかんたちの話はレベルの低い争いですよ。ほんとにどうでもよい話でして…

そんなおかんごときを目の敵にしてどうなさるのですか。と、いつもわたくしは思っておりました。

あるときを境に、おかんは、その友達からは完全に無視されるようになり、帰りも一緒に帰ろうと誘われることはなくなりました。

昼休みには、クラスの仲良しを何人もつれておかんのいる場所からは別の場所へと移動していきますので、おかんは孤立していきました。

友達の何名かは、おかんのことを気にして声をかけてくれましたが、やはりそのボスである彼女のことが怖くて、みな誰も『おかん、一緒に遊ぼうよぉ』などとは言ってもらえませんでした。

完全無視上等!!!

おかんは昼休みは周りの目を気にせずに堂々と一人で勉強して過ごしました。

そして、希望の学校へも中学校からはおかん一人のみ合格いたしましたよ。

大変ありがたい話です。

アレ??そしてIBSの話どうなったん??って?

IBSの話が出てこないわけがございません。

このような日々のストレスを感じながらの毎日に、おかんの身体は着々と悲鳴を上げていたのですね。。。

おかん、授業中におならが出るようになりました。

一度ではなく、二度、三度。

体験したこともない、おならが連発する自分に『なんやこれ~!!!』『どうなってしまったんやあ!!』と、びっくりしたものです。

おかんの意図することとは別に、腸内にガスがすでに生産されて『たまってまーす!早くだしてくださーい!』って、感じで『なんやこれ~!そんなにだすもんちゃうやろおぅ!』

と、自分に突っ込みをいれるのですが、身体が勝手にガスを生産するのです。

じーっとしてても、ガスガスガス。

動いていても、ガスガスガス。

どこまでもどこまでもガスが生産されるのでした。

もう普通の人の一生分、生産して放出したよねってくらい、ガスが出るようになってしまい、

本当に困ったのは、晴れて合格したものの、IBSガス型を発症してからの進学することになった高校・短大の間でした。

いや、不安だよね~

これからまた新しい環境に飛び込んでゆくというときに、IBSガス型になってまったんやから・・・

不安が不安を呼び、またガスがたまるという悪循環を繰り返し、高校入学からの毎日は、本当にガスが出ないことを祈りながらの毎日を過ごすことになりました。

にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました